d-station

ケース2

Webデザイナーの導入前後イメージ

Webデザイナー

before

  • 作業は早いがが、特集ページ作成時は過去のテンプレートに合わせて作成
  • ミスはすくないが、記載するテキストや画像はディレクターからの指示のまま基本的に入れ込む
  • 見た目がきれいなデザインだが、主観での判断が多い

after

  • 制作したものの実装後に解析ツールで分析を行い、良かった点と改善点を蓄積し、次回のデザインに活かす
  • LPを制作する際に、市場ニーズやトレンド、既存顧客のデータ、競合分析を行い、制作物の精度を高める
  • 既存のサイトの分析を知識やデータを元におこない、改善点の特定と提案を行う
  • 広告バナー作成時に広告の特性を考慮してアウトプットを変える

Webデザイナー向けおすすめ授業例

他にも膨大な授業からあなたのチームにあったカリキュラムをご提案します。

社内の「Webデザイナー」に関して、全てにチェックが付かない場合はサービス導入のご検討を!
  • Check 1.
    制作前に自社の過去のデータを解析している(またはできる)
  • Check 2.
    制作前に競合や市場ニーズ、市場トレンドなどを定量的に分析し、構成に加味している(またはできる)
  • Check 3.
    制作後に解析を行い、良かった点や改善点をストックしている
  • Check 4.
    マーケーターや他の担当者と「CV・CPA・CTR・LTV」などの共通言語を元に制作物の評価をできている(またはできる)
  • Check 5.
    広告の種類やターゲットごとにバナーなどを都度最適化している